風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

第8回:ぽっちゃり女子の悪いダイエット例・後篇

この記事は4分で読めます。
ぽっちゃり女子のススメ

ぽっちゃり女子の悪いダイエット例・後篇

前回は、餅子がダイエット開始1ヶ月半で15キロの減量に成功するまでの軌跡をお伝えしました。
今回はその後のお話。80キロあった体重が65キロになり、ぽっちゃり具合が身を潜め始めた餅子。

彼氏だけでなく周りからも「すごい!」「よくやった!」と賞賛の嵐が鳴り止みませんでした。
ところが、それと同時にこんな言葉が餅子を追い詰め始めたのです。
「リバウンドするよ」

ダイエットが成功した餅子は少し食事制限を軽くし、禁じていた炭水化物を少し摂るようになっていました。しかし、その様子を見た人たちは、一様に「食べたらまた太るよ~」と言ってくるのです。

餅子は恐怖を覚えました。「ダメだ。食べたら太ってしまう。そのためにはやはり、厳しい自己管理を続けるしかない」そう決意した餅子は、1日の摂取カロリーの上限を1000kcalに設定。ウォーキングも今までの倍行うことにしました。

その結果、半年後の餅子の体重は45キロになっていました。今考えると、いや考えなくても恐るべき数値です。トータル35キロの減量。はっきり言ってもはや私は別人でした。服のサイズは17号から9号に。GカップあったバストはCカップに。さらに靴のサイズも24.5cmから23cmになっていました。(足の甲の肉づきによるものだと思われます)当時、ぽっちゃり風俗店を取材で駆けずり回っていた餅子は、数々のぽっちゃり店のママや嬢から「裏切り者!」と罵られたものです。

このダイエットは成功したのか?当時ならばYESと満面の笑みで答えたであろう餅子ですが、今となっては首をかしげざるを得ません。なぜなら、このダイエットにより餅子の身体には下記のような弊害が現れていたからです。

■性欲の減退:睡眠を削ってのウォーキング(朝晩で毎日5時間近く)、食事制限。人間の3大欲求のうち2つに負荷をかけたせいなのか、一切性欲がなくなりました。太ってた時の毎日オナニー&彼氏とセックスの日々がウソのようでした。
■過食嘔吐:時折、爆発的な過食を行っていました。その度に嘔吐をしていたため、指にははっきりと吐きだこが出来ていました。
■無月経:過食嘔吐の影響で生理が2年間止まりました。

はっきり言いましょう、この時の餅子は確実に病んでいました。しかし、それを認めたらダイエットを辞めざるを得ない。また太ってしまう。それは絶対に嫌だ!もう負のスパイラルでした。すっかりダイエットに精神を蝕まれてしまった餅子。目を覚まさせてくれたのは…鏡の中の自分でした。

餅子はもともと、ぽっちゃりした女の子が視覚的に大好きでした。芸能人でいえば磯山さやかや篠崎愛などですが、もっちりムチムチのエロい肉付きに憧れを抱き、ああいう体型になることを夢見ていたのです。しかしある日、自分を直視して仰天しました。

「えっ…これ、男じゃん…」
もともと餅子の骨格は、少年体型とでも言いましょうか。少し肩幅が広めでウエストにくびれはなく小尻。太ってた時はこれにお肉がついていたのである程度モチモチして見えていましたが、痩せてしまうと色気もクソもない…本当に少年のようなルックスだったのです。

その頃も餅子は毎日、ぽっちゃり風俗店で写真を撮ったり動画を撮ったりしていました。自分に比べてぽっちゃり店の女の子たちはなんと色っぽくカワイイことか。待機所で美味しいものをほんとうに美味しそうに食べる彼女たちは何と愛らしいことか…。それに気づいた瞬間、餅子はダイエットを辞めました。

そして現在、あれだけ苦労して落とした体重はほぼ元に戻りました。ここまで戻る前くらいで留めておけばいいのに…と客観的には思いますが、もっちりしたおっぱいやぷにぷにの二の腕が復活した今の方が、病的な顔色で折れそうな身体の当時の自分より好きです。

そう、結局のところ闇雲に痩せたからといって、それが100%良いこととは限らないのです。自分に適した体型とは何か、自分が最も魅力的に見える体型はどのくらいなのか。それをきちんと把握してこそ真のダイエットといえましょう。…まあ、それがわかったところで実行できるか否かは自分次第なんですけどね…。

余談ですが、以前はGカップだった餅子のバストは現在Iカップになっております。
一旦急激に痩せてまた太るとおっぱいが大きくなるという効能があるのでしょうか?
残念ながらいまだに自分と同じ経験をした方にはお会いできてないので、わかりません…。

 

東京の「ぽっちゃり女子」歓迎の風俗店 >
神奈川の「ぽっちゃり女子」歓迎の風俗店 >
埼玉の「ぽっちゃり女子」歓迎の風俗店 >
千葉の「ぽっちゃり女子」歓迎の風俗店 >

 

ライター紹介

餅子

AV広報、AD、風俗情報サイト編集を経てフリーライターに転身したぽっちゃり女子。東京都内の風俗店を中心に、これまで取材してきた風俗嬢は500人以上。特にぽっちゃり女子とは公私ともに付き合いが深い。好きな食べ物は言わずもがな肉。甘いものは少々苦手である。

ページトップへ戻る