風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

第32話 職業別STD(性感染症)対策:ソープ編

この記事は3分で読めます。
絶対ゲンバ主義フーゾク虎の穴

第32話 職業別STD(性感染症)対策:ソープ編

職業別STD対策!
ザ★プロフェッショナル!? [ソープ編]

プロの技で接客!風俗の王道

風俗の職種の中でも、もっとも豪勢なサービスを提供するソープランド。「高級個室サウナ」と書かれることも多いですが、読んで字のごとく、大きなお風呂が完備された、ゴージャスな個室での接客が特徴です。

たいてい、いわゆるソープ街と呼ばれる特定の地域の一角にあり、お店構えもお城のようだったり、お客さんの送り迎えがあったり、「男の夢」的なイメージを打ち出しているお店が多いです。他の職種に比べ、基本の時間も長く、マットプレイやお風呂でのプレイなど、ソープならではのサービスが売りです。働く側にとっても、「究極のサービス業」といわれるほど。女の子のお給料も高いのが一般的です。

そして、一番の特徴は〇番があること。といっても、このプレイについてお店側はいっさい感知せず、マッサージをする女のコとお客さんの自由恋愛の末、ということになっています。料金体系が、お店の取り分=入浴料、女のコの取り分=サービス料、ということになっているのは、「あくまで自由恋愛ですよ~」の意味があるのですね~。

 

やっぱり定期検査とコンドームが大事!

お給料が高額なだけあって、サービス内容も濃いです。フェラチオ、キスをはじめ、ローションを塗って女のコのからだでお客さんをマッサージ(マットプレイ)したり、お風呂でのプレイがあったり。じゃ、それらはSTD(性感染症)的にはどうなの?っていうのを見ていきます。

●マットプレイなど●
お客さんとカラダを密着させるプレイが多いのもソープの特徴。そして、お客さんの肌と自分の肌との接触はSTD的には安全です。

●フェラチオ●
ソープでも、フェラチオはメインのサービスのひとつ。ナマでのフェラチオは、クラミジアや淋病など、いくつかのSTDにかかる可能性があります。
※詳しくは、[ヘルス編]を参照

●その他プレイ●
多くのお店がコンドームありのプレイなので、ある程度はリスク回避できます。
ゴムなしの場合は、STDにかかるリスクがぐんと高くなります。もしナシで働く場合は、短いスパンで検査に行く、稼ぐ金額を決めて短期間だけ働く、などをおススメします。

 

月一度の検査がソープのスタンダード

時間も長く、プロの技が求められる反面、充実度やお給料も高いソープランド。それだからこそ、安全に働きたい!それには、定期検査は必須です。

お店側が月に一度の検査を義務つけているところも多いですが、ない場合は、自分で受けにいこう。特に、ナマでの挿入がある場合は、もう絶対です。
健康とお金、両方ゲット!

 

◆要注意STD [ソープ編]

ナマ挿入だと感染率が高い!
HIV/エイズ
⇒エイズ発病を抑える薬などで、死に到る病ではなくなってきているが、完治はできないので一生つきあうことに。
☆ポイント☆
中で射精するとリスクがさらに高くなります。

STDといえばコレ
梅毒
⇒とても感染力が強いので、定期検査のメニューにいれたい。
☆ポイント☆皮ふや粘膜の小さな傷から感染します。コンドームでの予防が大事。

流行は継続中!
クラミジア
⇒感染していると、HIVなど他のSTDにかかりやすくなります。
☆ポイント☆
自覚症状が出にくいので、定期的に検査しよう。

※症状には個人差があるため、この通りではないことがあります。

 

 


◆田中課長、今月のひと言…

充実サービスと健康管理、どちらもプロとして大事だよ★

 

 

ライター紹介

田中課長(たなかかちょう)

風俗嬢のためのSTD情報サイト「ガールズヘルスラボ」主宰。風俗嬢がどうやって安全に働けるか日々模索中。感想やSTDについて知りたいことなど、お便り募集中。「ガールズヘルスラボ」で連載中

ページトップへ戻る