風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

第35話 職業別STD(性感染症)対策:SM/M性感編

この記事は3分で読めます。
絶対ゲンバ主義フーゾク虎の穴

第35話 職業別STD(性感染症)対策:SM/M性感編

職業別STD(性感染症)対策シリーズも今回で最終回!
今回フィーチャーするのは「SMクラブ/M性感」です。

SM界ならでは!?独特の世界で働く!

昔は一部の人の隠れた趣味だったSMも今ではすっかりポピュラーになり、性癖がSかMかってことなんかも普通に話のネタにされるほど。風俗業界でも、昔からあるマニアックなお店だけでなく、初心者向けのお店も増えました。

提供されるサービスも、高度なワザで女王様が男性を責めるものから、初心者でも楽しめる、ライトなSMプレイのものまで様々。同じお店でもコースによって受け身だったり攻めだったり、SMならではのオプションがあったり、プレイ内容も幅広いです。

また、普通の風俗店では解消できない性癖を持つ人の受け皿的な部分もあるので、受け攻めのプレイだけではなく、あらゆるヘンタイさんと遭遇して、一生の思い出になるような(?)味わい深いプレイができる可能性も大。
ちょっと変わった世界をのぞいてみたい、SMッ気がある、ゴスロリや、SMのコスチュームが好き★ってコにオススメです。

 

意外と盲点。ウ☆コや血液に注意★

SMクラブで働くときには、「女王様」になるか、「M女」になるかでプレイ内容は大きく違ってきます。お店によっては、両方こなすところも。また、お店やお客さんによって、フェラやスマタ等、普通の風俗と同じやり方で射精に導くときもあります。そういう場合は、ヘルス編等を参照してね★

SMならではのプレイで気をつけたいのは、ウ☆コや血液を扱う場合。ウ☆コを介してA型肝炎などが移る可能性があります。また、血液を扱う場合は特に慎重に。血液を介して、B型肝炎、HIV、梅毒等、重大な病気にかかることがあります。血液や体液が自分の粘膜部分や傷口に触れないよう気をつけましょう。

 

受けでも攻めでも主導権は自分★

女王様の場合は基本的にプレイを主導できますが、M女の場合はお客さんのペースでプレイが進みがち。プレイのシナリオ上ではお客さんは「ご主人様」だったりしますが、自分のやりたくないプレイまでする必要はもちろんありません。

ご主人様気分で無理や無茶をしようとするお客さんもいますが、そういう場合は、やんわりたしなめたり、あまりひどい場合は、プレイを中断しましょう。それぞれのお店でも対策がしてあると思いますが、縛りや目隠しのプレイなどがある場合は、特に気をつけて!

他の職種とは少し雰囲気は違いますが、相手の精液や血液、ウ☆コやおしっこを扱う、濃いプレイがあるSM道、やっぱり検査ははずせません! レッツゴー!

 

◆要注意STD [SMクラブ編]

スカトロっこ注目★
A型肝炎
⇒ウ☆コの中に潜んでいるウィルスです。
☆ポイント☆
アナル、スカトロプレイで移ることが。

血液や体液を介する
梅毒
⇒この病気も感染率高い!
☆ポイント☆
第一期には、リンパ節が腫れたりします。

血が出たりしたら要注意
B型肝炎
⇒とっても感染率が高い。
☆ポイント☆
激しくだるくなります。移りやすいのも特徴。

※上記以外にもかかる可能性がある病気はあります。目安として参考にしてくださいね★

 

 


◆田中課長、今月のひと言…

SでもMでも★STD対策は共通課題!

SでもMでも★STD対策は共通課題!

 

 

ライター紹介

田中課長(たなかかちょう)

風俗嬢のためのSTD情報サイト「ガールズヘルスラボ」主宰。風俗嬢がどうやって安全に働けるか日々模索中。感想やSTDについて知りたいことなど、お便り募集中。「ガールズヘルスラボ」で連載中

ページトップへ戻る