風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

第34話 職業別STD(性感染症)対策:ピンサロ編

この記事は3分で読めます。
絶対ゲンバ主義フーゾク虎の穴

第34話 職業別STD(性感染症)対策:ピンサロ編

職業別STD対策!
フロアーでの接客&予防 [ピンサロ編]

初心者も意外と多い?ピンクサロン(ピンサロ)

個室ではなくボックス席で風俗のサービスを提供するピンクサロン。他の風俗と違って、飲食店として登録されているので、風俗営業に対してきびしい地域でも出店しています。最初に働いたお店がピンサロ、というコも多いのでは?

植木や低いパーテーションで区切られているだけなので、周りが気にならないよう、店内は暗めで、たいてい、音が大きめの音楽がかかっています。サービス内容は、ヘルスとおなじく、フェラチオ、手などで射精までいたらせます。

飲食店扱いなので、シャワーなどは設置されていません。サービスの前には、お客さんのペニスをおしぼりやウェットティッシュで拭きます。
また、多くのお店で、花びら回転という、一人のお客さんに女のコが何人かつくサービスを実施しています。

一般的に、ヘルスなどの風俗にくらべ、一日で接客する人数が多く、肉体的にはハードめ。一方で、お給料は時給+歩合制で、同時に何人ものお客さんを接客できるので、安定した収入と、がんばったらがんばった分だけ稼げるところが、人気の職種です。

 

忙しいからこそ★検査に行こう!

じゃあ、ピンサロのプレイは、どんな感じ?

●お客さんに対して●
フェラチオ、口内発射、キス、スマタ、手こき

●受身プレイ●
指入れ、クンニリングス

他の職種と同じく、ナマでのフェラチオ、口内発射で、様々なSTDにかかる可能性があります。
※詳しくは、[ヘルス編]を参照

また、シャワーで洗い流さず、連続で接客することで、感染のリスクは高くなります。
なので、大事なのは、やっぱり検査。精液を口でうけるサービスをしていたら、喉のクラミジア、喉の淋病の検査も組み入れよう。

 

STDと風邪の予防にうがいを★

ピンサロでできる予防として、うがいがあります。菌やウィルスを洗い流すのに、うがいは意外と有効なのです。なかなかうがい時間もとりにくいですが、プレイの合間に、ぜひやっておこう。

うがいというと、イソジンを使うことが多いですが、水のみでも、菌やウィルスを洗い流す効果はそれほど変わらない、というデータがあります。日に何度もイソジンでうがいするとかえって口腔内の粘膜をいためてしまうこともあるので、うがいヘビーローテーションの時は、お水で!

ピンサロに限らず、接客数が多い時には、健康には特に気をつけたいもの。がんばっているあなたには、ちゃんと検査を受けてほしいぃ!

 

◆要注意STD [ピンサロ編]

キスでもうつる?
B型肝炎
⇒唾液からうつる事はまれですが、キスや飲み物の共有でうつる可能性も!?
☆ポイント☆
症状がでず、ウィルスを持っている人も多々。

なんともなくても、検査
喉の淋病/喉のクラミジア
⇒口内発射でフィニッシュが多いのならぜひ定期検査を。
☆ポイント☆
無症状だから、定期検査をする事が大事。

意外とキャリア多し
口唇/性器ヘルペス
⇒症状がでていなくても、うつることがあり。
☆ポイント☆
風邪のときにできる「熱の華」が口唇ヘルペス。

※上記以外にもかかる可能性がある病気はあります。目安として参考にしてくださいね★

 

 


◆田中課長、今月のひと言…

性感染症対策:ピンサロ編

お客さんとたくさん接したら自分ケアも必須★

 

 

ライター紹介

田中課長(たなかかちょう)

風俗嬢のためのSTD情報サイト「ガールズヘルスラボ」主宰。風俗嬢がどうやって安全に働けるか日々模索中。感想やSTDについて知りたいことなど、お便り募集中。「ガールズヘルスラボ」で連載中

ページトップへ戻る