風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

風俗嬢でも部屋を借りられる?一人暮らしをしたい場合のポイントとは?

この記事は4分で読めます。

風俗嬢でも部屋を借りられる?一人暮らしをしたい場合のポイントとは? 「実家に住みながら風俗嬢をやっているけど、親バレが怖くて一人暮らししたい……」 「昼職を辞めて風俗嬢になったけど、収入が増えたから引越しがしたい!」 このように一人暮らしや引越しを考えている風俗嬢は多いでしょう。 しかし、そこで不安になるのが、賃貸審査の存在です。賃貸審査では職業や収入などが問われるため、素直に職業のことを伝えると審査落ちしてしまう可能性があります。 風俗の仕事を続けながら賃貸審査を通過するためには、どうすればいいのでしょうか。 今回は、一人暮らしや引越しを考えている風俗嬢に向けて、賃貸審査を通過する方法や部屋を借りるための注意点をご紹介いたします。  

そもそも賃貸審査ってなに? 風俗嬢だと落ちちゃうの?

一人暮らし用の部屋を借りる際には、多くの場合で賃貸審査を受けなければなりません。 賃貸審査とは職業や収入の内容から、借主に家賃の支払い能力かあるかどうかを見極めるもの。家賃の滞納をせず、毎月しっかりと支払いをすることができるかを検討するのです。 フリーターや無職の場合は収入が不安定なため賃貸審査に落ちることも多く、部屋を見つけるのが難しくなる可能性があります。 一般的な会社員の収入と比べると風俗の収入は高額ですが、風俗嬢は正社員ではなく個人事業主扱いとなるので、審査落ちの可能性が高くなるといえるでしょう。 また、近隣トラブルを起こす可能性がないかということも賃貸審査項目のひとつに挙がります。夜中に騒音を出す恐れはないかなどがチェックされるため、昼夜逆転の生活になりがちな風俗嬢の職業は厳しく審査される恐れがあります。 とはいえ、審査内容や基準は大家さんや管理会社によっても異なるため、一概に風俗嬢が賃貸審査に落ちるとはいえません。ということで、賃貸審査に通るためのポイントを見ていきましょう。    

一人暮らししたい風俗嬢必見! 賃貸審査を通過する方法

 

・アリバイ会社を利用して昼職をしていることにする

アリバイ会社を利用すると、一般企業の社員として在籍しているかのようにアリバイ工作をすることができます。社会的身分を保証してくれるので、風俗嬢だということを言わずに部屋を探したいという方におすすめです。 最近ではアリバイ会社がたくさんあり、中には社員証明書や給与明細書、名刺なども作成してくれる会社もあるので、アリバイ工作であることがバレる確率はかなり低くなります。 アリバイ会社を利用すれば、家主や管理会社だけでなく、仲介業者にも風俗嬢であることを話さなくてもいいというメリットがあります。  

・賃貸審査がやさしい物件を探す

賃貸物件の中には、保証会社の利用が必須の物件もあります。保証会社とは、保証人の代わりに家賃を担保してくれる会社のこと。多くの場合、家賃の1ヵ月分や半月分の料金を支払い、契約をおこないます。 しかし、この保証会社と契約する際にも審査が必要です。保証会社によっても審査内容は異なりますが、多くの場合が職業を重視するため、風俗嬢という職業では保証会社の審査に落ちる可能性があります。これでは、賃貸審査を受けることもできません。 そこでおすすめなのが、賃貸審査がやさしい物件を探すというもの。保証会社の利用を必要とせず、保証人を立てればOKという物件もあるので、賃貸契約のハードルが下がります。 この場合、保証人を用意する必要がありますが、保証会社を利用しないことで初期費用を安く抑えられるという点も嬉しいポイントです。  

・風俗や水商売の女性に特化した仲介業者を利用する

最近では、風俗や水商売で働くナイトワーカーの女性をターゲットにした仲介業者があります。このような仲介業者は、ナイトワークの女性でも賃貸契約できる物件をたくさん知っているので、賃貸契約がしやすいのが魅力です。賃貸審査がやさしい物件や、ナイトワーカーでも安心して住める物件など、たくさんの中から探すことができます。 また、利用者の多くがナイトワーカーの女性なので、仲介業者のスタッフに対し職業のことで負い目を感じる必要もありません。信頼できるスタッフのもとで、理想的な部屋を安心して探せるというのは、忙しい風俗嬢の女性にとっての魅力といえるでしょう。   はじめての一人暮らしや面倒な引越しの際には、不安や疑問もありますが、風俗嬢という仕事をしていても理想の物件を探すことはできます。 高収入の風俗嬢だからこそ素敵なお部屋に住み、快適な一人暮らし生活を満喫しましょう。   以上、風俗嬢でも部屋を借りられる?一人暮らしをしたい場合のポイントとは?…という話題でした!

ページトップへ戻る