風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

風俗嬢で愛人をやっている人はいる?お客様と愛人契約する危険性とは

この記事は4分で読めます。

風俗嬢で愛人をやっている人はいる?お客様と愛人契約する危険性とは

 風俗店でお仕事をしていると、接客をしたお客様から店外デートや直引きに誘われることもあるでしょう。中には、「愛人にならないか?」と愛人契約を持ちかけるお客様もいます。

リピーターや気心の知れたお客様から愛人契約を持ちかけられた場合、ついOKと言ってしまいそうになりますが、基本的に風俗店ではお客様と風俗嬢が直接取引することを禁止しています。
これは愛人契約には危険が伴い、お店にも迷惑がかかる可能性があるためです。
一見、メリットが大きいようにも思える愛人契約には、一体どのような危険があるのでしょうか。

今回は、風俗店に来店したお客様と愛人契約を結んだときの危険性やデメリットをご紹介いたします。 

 

そもそも「愛人契約」ってどんなことをするの?

愛人契約は法にのっとった正式な契約ではなく、当人同士で取り決めた契約のことをいいます。契約内容は人やケースによっても異なりますが、肉体関係やデートなどを行う代わりに男性が女性へお金やプレゼントを渡すというのが一般的です。

お金の支払いは月々○○円と月額制にするケースが多く、週1~2回デートとセックスをするという契約内容の場合、月の契約金は30万円程度が相場なようです。
中には手付金といって愛人契約時に数十万円のお金を支払ったり、プレゼントと称してマンションを購入したりする人もいます。

このことから、愛人契約を持ちかける男性は金銭的な余裕があることがわかります。さらに単身者で愛人契約をする男性は少なく、多くの場合は家庭を持っている40代以降の男性が愛人契約を持ちかけているようです。

男性にとっては好みの女性とデートやセックスができるというメリットがあり、女性にとっては特定の男性とデートやセックスをする代わりにお金やプレゼントが手に入るというメリットがあります。

このようにメリットを見ていると男性と女性の双方にメリットがあるように思えますが、愛人契約にはデメリットや危険もあります。
とくに風俗嬢として働く傍ら愛人契約をするという場合はデメリットが多くなるため注意が必要です。

次に、愛人契約のデメリットや危険性についてチェックしてみましょう。 

 

風俗嬢が愛人契約をするデメリット&危険性

・身の危険があっても助けてくれる人がいない

風俗店に足繁く通い、顔なじみになったお客様から愛人契約を持ちかけられた場合、つい安心して契約を交わしてしまいがちですが、本当に相手が信頼できるとは限りません。

風俗店の場合は、無理なセックスの強要や暴力の可能性があったとき、スタッフが守ってくれますが、個人的な愛人契約のもとで会っている場合は自分の身は自分で守らなければならないのです。

安全な愛人契約だと思っていても、相手によってはDVや脅迫などに発展する恐れがあり、身の危険に及ぶ危険があるのはデメリットのひとつです。

 

・トラブルがあった場合は店に迷惑がかかる可能性がある

金銭トラブルや事故など、何らかのトラブルが合った場合、自分だけではなく風俗店にも迷惑がかかる場合があります。愛人契約の相手からお店にクレームが入ったり、警察からの取り調べなどが入る恐れもあるため注意が必要です。

また、お客様との個人的な交際を禁止している風俗店に勤めながら愛人契約をし、それがお店側にバレてしまったとき、ペナルティとして罰金を科せられる可能性もあります。
これは風俗嬢にとって大きなデメリットといえるでしょう。

 

・愛人である男性にお店を辞めるように指示されることがある

風俗店で出会った男性と愛人契約をした場合、「愛人となるなら風俗嬢を辞めてくれ」と指示されることがあります。

一般的な愛人契約の契約金は月額30万円程度。これは風俗嬢の平均収入よりも低いです。収入アップのために愛人契約を結んでも、結果的に収入が減るというケースもあるため注意が必要です。

また、愛人相手からいきなり契約を切られたり、契約金の支払いが行われなかった場合、収入がゼロになる可能性もあります。
愛人契約は法的な契約ではないため、いきなり契約解消を持ちかけられても訴えて慰謝料を請求することはできません。
愛人契約だけで生活を送るのはかなり収入面が不安定になるといえるでしょう。
 

 

・愛人である男性の妻に慰謝料請求をされる可能性がある

愛人である男性が既婚者であり、相手の配偶者に愛人契約が知られてしまった場合、慰謝料を請求される可能性もあります。

慰謝料の金額はケースによって異なりますが、200万円程度の金額を請求されることもあるのです。 慰謝料を請求されると、金銭的な負担だけでなく精神面への負担も伴います。
このことからも、愛人契約は危険性が高いことがわかります。

特定の男性とのみデートや肉体関係を結ぶ愛人契約は一見魅力的にも思えますが、実はさまざまな危険性やデメリットがあります。
高収入を得たいという場合には、風俗店で働くほうが安全です。自分自身を守るためにも、愛人契約を持ちかけられてもしっかりと断るようにしましょう。

 

以上、風俗嬢で愛人をやっている人はいる?お客様と愛人契約する危険性とは…という話題でした!

 

 

ページトップへ戻る