風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

風俗の出稼ぎって何?出稼ぎ風俗のメリット・デメリットや面接のやり方、出稼ぎ風俗で働くときの持ち物・必要書類もご紹介

この記事は7分で読めます。

風俗の出稼ぎって何?出稼ぎ風俗のメリット・デメリットや面接のやり方、出稼ぎ風俗で働くときの持ち物・必要書類もご紹介

出稼ぎって何?風俗の出稼ぎとは

風俗の出稼ぎとは、住んでいる場所から離れた街に出て、短期間住み込みで風俗店に出勤することを指します。昔は、出稼ぎに出る風俗嬢はベテラン風俗嬢とされていましたが、現在は短期間で高収入を得られる副業、バイトとしても人気のある働き方です。このため、現在の風俗業界では出稼ぎの風俗嬢が多く、出稼ぎ風俗嬢のためのシステムもひと昔前よりずっとしっかりしています。出稼ぎ風俗は、以前よりも安心して気軽に大金を稼げる方法になったと言われていますよ。

 

出稼ぎ風俗のメリット・デメリット

出稼ぎ風俗のメリット

・一定の給与が保証され、短期間でがっつり稼げる

出稼ぎ風俗嬢を受け入れている風俗店には、風俗嬢に対して一定の給与を保証する「給与保証」を採っているお店が多くあります。給与保証とは「もし客が全くつかない日があっても、最低額の日給は払います」という制度です。保証額の相場は1日3~5万円程度と言われています。このため10日程度の出稼ぎでも30万~50万円のお金が確実に手に入るのが出稼ぎのメリットです。

 

・誰にもバレずに仕事ができる

出稼ぎ風俗のもう1つのメリットは、風俗で働いていることが知り合いにバレにくいという点です。出稼ぎ風俗の場合、地元からかなり離れた場所で働く人が多いため、風俗店で地元の知り合いと出くわす確率はほぼ0%と言えるでしょう。

また出稼ぎバイトは「旅行」と言っても不自然ではないぐらいの短期間でできるため、お金を作るために遠出していることすら、周囲に気づかせないことができます。「旦那に内緒で借金を返したい」という主婦や「風俗で収入を得ることを親にバレたくない」という学生などには、特におすすめの方法と言えるでしょう。

 

・観光もできて旅行気分も味わえる

出稼ぎ風俗は、日常生活では行かない場所に行くことが多いため、稼ぐついでに観光を楽しむ女性も多いようです。仕事休みを利用して買い物をしたり、観光地を回ったりすることができるため、出稼ぎは旅行好きにもおすすめの働き方です。

 

出稼ぎ風俗のデメリット

出稼ぎ風俗のデメリットは仕事内容がかなりハードなことだと言われています。特に給与保証がついているお店で働く場合、店側は風俗嬢がなるべく稼ぎが保障を下回る、いわゆる保証割れを起こさないように、長時間みっちり働かせます。1日最低8時間、多い時は12時間以上、かつ最低5連勤というお店も珍しくありません。このため出稼ぎ風俗は体力に自信のある女性におすすめの働き方と言えるでしょう。

 

出稼ぎ風俗はバイトもあり?面接はどうする?

近年は本職の風俗嬢だけでなく、バイトでも出稼ぎ風俗をすることができます。出稼ぎバイトは「本業は別にあるけど、短期間でがっつり稼ぎたい」という女性に人気があり、特にゴールデンウィークやお盆休みの時期は出稼ぎバイトをする女性が多くなるようです。

出稼ぎバイトは出稼ぎ風俗の中でも特に短期間で働けるのが特徴です。このため長期休暇前の女子大生や本業の稼ぎだけでは満足できないOL、子どもが成長して暇ができた主婦など、様々な女性が出稼ぎバイトを利用して、お小遣いを稼いでいます。また出稼ぎバイトでは低予算で地元を離れられるため、観光を兼ねて旅行気分を楽しむ女性も多いようです。

 

出稼ぎ風俗の写メ面接

出稼ぎバイトの場合、面接はどのようになるのでしょうか。地元のバイトと違いお店に出向いて面接を受けるわけにもいきません。

出稼ぎ風俗バイトでは、写メ面接という方式を採っているお店が多いと言われています。写メ面接とはメールやLINEで顔や全身のスタイルが分かる写真を店に送り、その写真を見て合否を決める面接方法です。ネット上のやり取りだけで合否が分かるため、応募者にも店側にもメリットの大きい方法として知られています。

写メ面接の流れは、一般的に「①求人情報誌で出稼ぎに行きたいお店を決める→②お店に電話し、写メ面接の手順を聞く→③顔写真やスリーサイズ、全身のスタイルが分かる写真など、指示された内容のメールを送る→④合否の結果待ち」となります。

写メ面接で重要なのは嘘をつかないことです。最終的には店のスタッフとも顔を合わせるため、嘘はバレます。このため写メ面接でサイズを盛ったり、過度に写真を加工すると「この子は嘘をつくんだな」と思われ、印象最悪です。ここは気持ちを抑えて、正直に答えるのが得策のようです。

 

出稼ぎ風俗で働くときの持ち物・必要書類

出稼ぎ風俗の必要書類系

出稼ぎ風俗ではお店から提示された必要書類の他に、①顔写真付き身分証明書、②本籍地が載った住民票、③交通費の領収書、④保険証の4点を忘れずに準備しましょう。

身分証は出稼ぎバイトでなくても、働く際には絶対に必要となる書類です。自動車免許やマイナンバーカードがメジャーですが、それがない場合には住基カードやパスポートでも大丈夫です。住民票は有効期限が発効から3ヶ月となっています。出稼ぎに出る際は必ず有効期限内の住民票を持っていけるように確認しましょう。

出稼ぎ風俗の場合、交通費を支給してもらえることが多いため、交通費は領収書を取って、しっかり記録しておくと良いでしょう。また現地で病気やケガをした場合に備えて保険証も忘れずに持っていきましょう。

 

出稼ぎ風俗の持ち物系

出稼ぎ風俗に行くには、基本的には、着替えや筆記用具や携帯電話など、短期間生活する上で必要になりそうなものを持っていけば大丈夫です。今はどこもコンビニやスーパーがあるので、万が一の時は利用すると良いようです。ただ化粧品は肌との相性があるため、すぐに揃えるのが難しい場合があります。メイク道具は商売道具でもありますから、絶対に忘れないようにしましょう。

洋服は洗濯して着回しができるため、仕事着と私服合わせて7日なら2~3枚、10日なら4~5枚あれば大丈夫と言われています。滞在日数の約半分の枚数が目安のようです。仕事着はお店に確認してから用意するのが良いでしょう。仕事場がソープランドの場合は、ドレスかベビードレスが2~3枚必要になる場合が多いようです。

 

短期の出稼ぎ風俗バイトならソープとデリヘルどっちがいい?

基本的に短期の出稼ぎ風俗バイトでがっつり稼ぎたいなら、デリヘルよりソープがおすすめと言われています。デリヘルは指名が入ってから現場までの移動時間があるため、仕事の合間時間が多くなってしまい効率が悪くなってしまいます。

一方ソープではお店に常駐しているため、出勤時間のロスが少なく、効率よく働けるのがポイントです。ソープはロスが少ない分仕事がハードになりやすいため、長期で働く場合は体力との兼ね合いも考慮する必要がありますが、短期ならソープでがっつり稼ぐのがおすすめです。

ただ高級デリヘルなどは時間単価が非常に高いため、大衆ソープや普通のソープよりもたくさん稼げることがあります。また風俗店にも繁忙期や閑散期があるため、出稼ぎバイトをする時期によっても稼ぎに差が出ることが知られています。出稼ぎバイトをする際は客観的に見た自分の顔レベルや時期や地域を参考に、店を選ぶと良いでしょう。

 

出稼ぎ風俗の注意点

出稼ぎ風俗のトラブルは「求人情報と実際の待遇が違った」、「そんな条件聞いてない!」という内容が最も多いと言われています。求人情報はなるべく働きたくなるような内容が書かれているものです。情報は鵜呑みにはせず、とりあえず疑ってかかる姿勢を忘れないようにしましょう。

また出稼ぎに来る際は店側の条件を全て聞いて、きちんと理解しておくことが重要です。条件の提示は書面やメールなど、残る形で提示してもらうと、何度も読み返すことができるだけでなく、いざ条件と違うことを言われたら証拠として出すことができます。電話や面接だけで、何か約束をしようとしてくるお店は悪質風俗店の可能性があるため、避けるようにしましょう。もし「変だな」、「危ないな」と思ったら、すぐに逃げるのが大切です。

以上、風俗の出稼ぎって何?出稼ぎ風俗のメリット・デメリットや面接のやり方、出稼ぎ風俗で働くときの持ち物・必要書類もご紹介…という話題でした!

東京のソープへ出稼ぎする >>
神奈川のソープへ出稼ぎする >>
埼玉のソープへ出稼ぎする >>
千葉のソープへ出稼ぎする >>

東京のデリヘルで出稼ぎする >>
神奈川のデリヘルで出稼ぎする >>
埼玉のデリヘルで出稼ぎする >>
千葉のデリヘルで出稼ぎする >>

ページトップへ戻る