風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

【風俗嬢の必須知識】風俗で働くなら「ピル」を服用したほうがいい?

この記事は4分で読めます。

【風俗嬢の必須知識】風俗で働くなら「ピル」を服用したほうがいい? 風俗で働く上で、身バレや性病感染などの不安要素はありますが、その中のひとつに妊娠も挙げられます。もちろん、ひと口に風俗といっても業種に違いがあるため、全ての風俗嬢に妊娠の可能性があるわけではありません。

しかし、ソープランドや素股サービスを行うヘルスなどでは、きちんと妊娠対策を行っておくことが大切です。
そこで今回は、妊娠対策として一般的に広く知られている「ピル」について、服用のメリットや注意点などをご紹介します。

 

風俗嬢が「ピル」を服用するメリット

・妊娠を防ぐことができる

正しい方法で服用していれば99.9%の確率で避妊できると言われているピル。 一般的な避妊方法といえばコンドームがありますが、風俗のお店によってはノースキン(コンドームを使用しないこと)を売りにしているところもあり、必ずコンドームが使用できるわけではありません。

また、仮にコンドームを使用していても、行為の途中で破けたり外れてしまったりすることもあります。
高い確率で避妊を成功させるためには、ピルの服用が有効と言えます。  

 

・生理日のコントロールができる

毎月の生理日が安定していれば出勤のシフトが組みやすくなりますが、生理不順であるとシフトが組みにくくなります。また、出勤日がきちんと定まっていない場合、リピーター客や指名客のゲットが難しくなるため、収入に影響が出るというデメリットも。

しかし、ピルを正しく服用すると毎月の生理日が安定するため、生理不順を改善することができます。
生理日が安定すると、シフトが組みやすくなり出勤数をきちんと確保できることはもちろん、リピーター客や指名客をゲットしやすくなるため、収入アップが狙えます。

 

・生理痛の緩和

生理前や生理期間中になると、生理痛が起こるという女性は多いもの。症状は個人差がありますが、人によっては動けなくなるほどの腹痛や腰痛に悩まされることもあります。

生理ではなくても、生理前のPMS(月経前症候群)によって仕事を休む風俗嬢も珍しくありません。そんな悩ましい生理痛ですが、実はピルを服用すると含まれるホルモンの影響で症状を軽くする効果が期待できます。

また、生理中の出血量の減少や子宮収縮の抑制もできるため、生理の症状自体が軽くなるという効果もあります。

 

・ニキビの改善

人気風俗嬢になるためには、美しい肌を保つことが大切ですが、生活習慣の乱れやストレスの蓄積が大きい風俗嬢はホルモンバランスが乱れやすく、ニキビなどの肌荒れに悩まされることも多いもの。

そんな肌荒れに悩む風俗嬢の強い味方となってくれるのが、ピルです。
ピルの種類にもよりますが、中にはニキビの改善に効果が期待できるものもあります。
ピルを服用することでホルモンバランスが安定し、ニキビが出現しにくくなるのです。

 

ピルを服用するときの注意点とは?

風俗嬢がピルを服用することにはたくさんのメリットがありますが、もちろん副作用や注意点もあります。

ピルの種類や個人によっても差がありますが、頭痛や吐き気、体重の増加、乳房の張りなどの副作用が起こる可能性もあるため注意が必要です。 ピルを服用するときには、医師の指示に従った上で自分に合った種類を見つけることが大切です。

また、ピルの避妊効果を得るためには、必ず毎日決まった時間に服用する必要があります。飲み忘れてしまったり、服用が面倒でタイミングがバラバラになると避妊効果が得られないため注意しましょう。

さらに、喫煙者であるとピルを服用できないケースもあります。喫煙の影響で副作用が大きくなったりする可能性があるのです。病院でピルを処方されるときには喫煙の有無を問われますが、嘘をついたりせずに正しく回答してください。

妊娠の可能性は、風俗嬢にとって大きな負担となることでしょう。しかし、正しくピルを服用して妊娠の可能性を下げることで、精神的な負担を軽くすることにもつながります。

また、気になるピルの費用ですが、1月あたり約3,000円程度なので金銭的な負担が少ないことも嬉しいポイント。 生理症状や生理痛の緩和、ニキビの改善などのメリットも踏まえ、ピルの服用を一度検討してみてくださいね。

以上、【風俗嬢の必須知識】風俗で働くなら「ピル」を服用したほうがいい?…という話題でした!

 

 

ページトップへ戻る