水商売から風俗へ一転!? キャバ嬢から風俗に転職する女性が多い理由

この記事は約4分で読めます。

水商売から風俗へ一転!? キャバ嬢から風俗に転職する女性が多い理由

煌びやかなドレスやアクセサリーで美しく着飾り、華やかなヘアメイクをしたキャバクラ嬢。人気キャバ嬢ともなると、月に数百万円から数千万円ほど稼ぎ出すともいいますが、今キャバ嬢から風俗嬢へと転身する女性が増えています。
どちらも人気のナイトワークであることには違いありませんが、一体なぜ水商売から風俗へ転職するキャバ嬢が多くなっているのでしょうか。

今回は、キャバ嬢が風俗嬢に転身する理由についてご紹介します。

 

水商売から風俗へ! キャバ嬢が風俗嬢になる理由とは?

・高収入がゲットできる

水商売の代表格ともいえるキャバクラですが、実際に月数百万円もの高収入がゲットできるのは、指名数が多く人気が高いわずか一握りのキャストのみ。
もちろんお店や出勤日数、勤続年数によっても異なりますが、キャバ嬢の平均収入は約35万円が相場となっています。

さらに、この収入額から自費でドレスやアクセサリー、美容代、ヘアセット代などを賄わなければならないため、約10万円は必要経費としてマイナスされます。
すると、月収は約25万円になり、一般OLと大差ない金額になってしまうのです。

キャバクラ嬢=高給取りのセレブというイメージもありますが、人によって大きく収入差があるということになります。

その点、風俗は未経験者でも月に高額なお給料をゲットすることができます。
もちろん、業種やお店、個人によって差はありますが、風俗嬢初心者の女性がヘルスで週に5日、1日8時間働いた場合、お給料の平均相場が約80万円ほど。

キャバ嬢経験者でお客さんとのコミュニケーションが上手に取れ、さらに見た目が美しいとなると、さらに上を目指すことも可能です。
これは水商売から風俗へ転職する大きな理由のひとつになると言えるでしょう。

 

・当日手渡しでお給料がもらえる

お店によってもお給料の支払い方法は異なりますが、多くのキャバクラでは、月1回か半月に1回が主流です。
中には週払いなどもありますが、給料日が月1回の場合は、月末締めの翌月20日払いという支払方法になるため、働き始めてからすぐにお給料がゲットできないことも……。

しかし、風俗ではほとんどが現金での手渡し日払いになります。その日に稼いだ分のお給料がすぐにゲットできるため、急いで現金が欲しいという方には大変便利で嬉しいポイントです。

 

・同伴やアフターなどの営業活動が不要になる

キャバ嬢が売り上げを伸ばすためには、マメな営業活動やお客様サービスが欠かせません。 特に、キャバ嬢の営業活動で重要になるのが、同伴です。
出勤前にお客さんと食事に行き、そのまま2人で自身が働くお店に出勤します。

すると、確実に指名が取れるというメリットがありますが、出勤前からお客さんへの気配りをし、仕事モードをオンにしなければなりません。

このような営業活動は、キャバ嬢にとって疲れやストレスにつながるもの。 風俗嬢には同伴やアフターなどの営業活動がなく、お店で待機しているだけでいいので余計な体力や気力を使わずにセーブすることができます。

指名が入り、接客中だけ仕事モードをオンにするというのはキャバ嬢にはない風俗ならではのメリットであり、これも水商売から風俗へ転職する1つの理由となっています。

 

・人間関係に悩むことが少ない

風俗店でも指名数による人気ランキングがありますが、キャバクラではさらに高度なナンバーワン争いが繰り広げられています。

風俗店では個室でサービスを行うため、他の風俗嬢の接客方法やサービス内容を知ることはありませんが、キャバクラでは全員がワンフロアに集まっています。

そのため、他のテーブルについているキャバ嬢同士でも接客内容が目につきやすく、これが陰口やお客さんの取り合いなどにつながるのです。 キャバクラの仕事内容が嫌になるよりも先に、人間関係での疲れやストレスによって辞めていくキャバ嬢も少なくありません。

キャバクラで一定期間働いていた女性は、自然と接客マナーやあいさつ、上品な振る舞いなどが身についているもの。このような身振り手振りは、風俗業界でも必ず役に立てることができます。

最近では、水商売から風俗へ転職する女性のために、元クラブ・キャバクラで働いていた女性を中心に集めた風俗店などもオープンしていますよ。
風俗のお仕事に興味があるという方は、ぜひ水商売から風俗への転職をご検討してみてくださいね。

 

以上、水商売から風俗へ一転!? キャバ嬢から風俗に転職する女性が多い理由…という話題でした!  

 

 

トップへ戻る