風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

ソープで体入ってあり?ソープ体入先のおすすめエリアやエリア別の特徴をご紹介

この記事は8分で読めます。

ソープで体入ってあり?ソープ体入先のおすすめエリアやエリア別の特徴をご紹介

最近では多くのソープ店が入店を希望する女性に体験入店=体入をさせてくれます。でも体入ってあまり聞きなれない単語だし、風俗未経験の人にとってはちょっと不安要素ですよね。今回はソープでの体入とは何なのか、またエリア別にソープに体入するならどこがおすすめなのかについてご紹介します。

 

ソープに体入してみたい!どんなことするの?

風俗店の体入とは、体験入店の略で、1日もしくは限られた時間のみお店の風俗嬢として客前に出て働き、そのお店で自分がうまく働けるか、ちゃんと稼げるかを体験することができます。特に風俗未経験の人は風俗の仕事に対して、不安を抱えている人が多いため、体入は風俗未経験の人が少しでも安心して働き始められる制度なのです。

 

しかし風俗未経験の人がいきなり客前に出されて「仕事してみよう」と言われても、困ってしまいますよね。このためソープを始め多くの風俗店が体入の前に講習の時間を設けて、未経験者でもしっかり客前での仕事を体験することができます。講習内容はお店によって様々ですが、一般的には仕事の流れを紹介するビデオを見たり、先輩風俗嬢から講義を受けたり、人形を使った練習などが多いようです。

 

体入は、まだ入店していない状態にも関わらず、働いた分のお給料がしっかり出るのが特徴です。またソープに限らず、多くの風俗店では「応募→面接→講習→体入」の順で行われます。面接→講習→体入は同じ日に行われ、体入中のお給料も日払いで支払われるため、「とにかく急いでまとまったお金が必要!」という人にもおすすめの制度です。

 

もし体入してみて「このお店は合わない」と感じたら、入店を辞退するのが良いでしょう。お給料ももらったのに入店を辞退するのは気が引けるかもしれませんが、そもそも体入はお店との相性を判断するための制度なので、合わないと感じているのに入店してしまっては本末転倒になってしまいます。辞退する場合、急に音信不通にするとお店側が困ってしまうので、ちゃんとお断りの連絡を入れるのが良いでしょう。

 

ソープの体入はどこがいい?エリア別の特徴

ソープなどの風俗は、土地の特徴や雰囲気を色濃く反映します。体入であっても取った客数やコース数によってお給料が変わるため、「自分はどこの地域のソープならたくさん稼げるか」というのを、あらかじめよく考えておくのが大切です。では首都圏の主な風俗エリアにはどんな特徴があるのでしょうか。相性の良い風俗嬢と合わせてご紹介します。

 

・池袋エリアのソープに体入!池袋風俗の特徴は?

池袋は新宿から4駅、かつ埼玉方面からのアクセスが良いことから、いつもたくさんの人で賑わう地域です。池袋の風俗はとにかくたくさんの業種が集まっているのが特徴で、ソープやファッションヘルスから、ソフトサービス系のピンサロ、ガールズバー、セクキャバなど、風俗店選びには困らない場所として知られています。

 

池袋は主に東口周辺、北口周辺、西口周辺の3エリアに分けられますが、この中でソープが集まっているのは西口周辺です。池袋西口のソープ街は吉原に匹敵する充実度と言われており、「吉原まではちょっと遠い…」という男性にはおすすめスポットと言われています。

 

池袋のソープ店は比較的安価で、若い風俗嬢や素人系の風俗嬢が多いのが特徴と言われています。このため、「とにかく急いでたくさんのお金が必要!」という人が体入するには不向きなエリアと言えるでしょう。一方、池袋は池袋サンシャインやアニメイト本店など観光地としても有名なエリアなので、学校や仕事の長期休みを利用して、観光気分でお小遣いを稼ぎたい人にはおすすめの地域と言えるでしょう。

 

・銀座エリアのソープに体入!銀座風俗の特徴は?

銀座は店舗型風俗があまりない一方、高級ホテルが多いこともあり、デリヘルが優勢な地域として知られています。このため銀座付近でソープを探す男性は新橋駅まで移動するのが一般的のようです。ソープの体入先のお店を選ぶ際も銀座ではなく新橋駅周辺の方が探しやすいと言われています。

 

新橋駅周辺の店舗型風俗は、人妻系やイメクラ・コスプレ系・外国人系やマニア・フェチ向けオナクラなど、マニアックな店舗型ヘルスが充実していることで知られており、ソープ店にとっては競合店が多く、なかなか戦いにくいエリアのようです。

 

しかしソープ店がないわけではなく、さらに30分10,000円コースや40分14,000円コースが相場となっており、都内でもかなり高価格で働ける場所と言われています。また新橋・銀座エリアの客はサラリーマンが多いため、閑散期の影響を受けにくいのが特徴です。このため新橋・銀座エリアのソープは、他ヘルス店の風俗嬢に負けない素質を持った女性がしっかり稼げる場所と言えるでしょう。

 

・六本木エリアのソープに体入!六本木風俗の特徴は?

六本木や赤坂付近はソープに限らず高級風俗、特に高級デリヘルが非常に充実している地域として知られています。六本木のソープランドで最も有名なのは「雄琴ソープランド六本木」でしょう。料金は50分5,000円~+指名料2,000円となっており、ソープランドの中ではかなり格安店です。

 

六本木・赤坂付近はビジネス街で、かつ高級ホテルが多いため、接待でも利用できる高級デリヘルがとても優勢な地域です。このためソープは高級デリヘルと差をつけるために、コース料金を下げざるを得なかったと考えられます。このため六本木のソープは「多少金額が少なくても良いから、すぐにお金が欲しい!」という人の体入先としておすすめのエリアと言えるでしょう。

 

・千葉エリアのソープに体入!千葉風俗の特徴は?

千葉の風俗店は主に柏、松戸、船橋、栄町の4つの風俗街に集中しています。この4つの中で最もソープが充実しているのが、栄町です。栄町は千葉駅から歩いて10分の場所に位置しており、都内からのアクセスが良いことや、再開発が活発で住みやすいことでも有名な街です。

 

栄町のソープはジャンルの幅が広く、若い風俗嬢に特化した店から人妻系、熟女系まであるため、比較的職業や年齢を気にせず働きやすい場所と言われています。また栄町は千葉内で唯一ソープが充実している街ということもあり、店は常に風俗嬢不足に悩まされており、その分風俗嬢の働きやすさや収入の良さは、折り紙付きと言われています。

 

都内の高級風俗だとスペック的に太刀打ちできない人や、東京や埼玉、神奈川辺りに住む家族や知人に身バレしたくない人、街の住みやすさを重視する人には、栄町のソープがおすすめです。客層は新規の客より馴染みの客がメインのため、マナーやルールをきちんと守ってくれる客が多いのが特徴です。このため風俗未経験の人の初めての体入先としてもおすすめと言えます。

 

・横浜エリアのソープに体入!横浜風俗の特徴は?

横浜のソープ店はソープ街を形成せず、広範囲に点在しているのが特徴です。有名どころとしては、福富町の飲み屋街に何軒かと、曙町のヘルス街に3軒、横浜駅近くに1軒あることが知られています。

 

横浜の風俗は、観光に来たついでに寄っていくという人や地元のサラリーマンが数多く利用するため、「風俗街から客足が遠のいて稼げない」という心配はありません。ただ横浜はデリヘルやホテヘルが最も多く、その次に店舗型ヘルスやセクキャバ、オナクラが強い地域なので、働けるソープを見つけるのはちょっと大変かもしれません。

 

一方、横浜は日本でも有名な観光地で、横浜アリーナなど大規模なライブやコンサート会場にも事欠かない場所です。このため観光ついでに1日だけ風俗に体入してお小遣いを稼ぎたいという人にはおすすめの場所と言えるでしょう。

 

・吉原エリアのソープに体入!吉原風俗の特徴は?

吉原と言えば、かつて吉原遊郭があった場所であり、今でも日本で最も有名なソープ街として賑わっています。店舗数は100を超えると言われており、格安店から高級店まで選り取り見取りです。また全国の風俗マニアが毎夜巨額の金を落としていくため、働けば働くだけお金持ちになれる場所としても知られています。1か月で900万稼いだと言われる伝説の風俗嬢も、実は吉原ソープ街のソープ嬢だったと言われています。

 

吉原ソープ街は日比谷線三ノ輪駅から徒歩10分ほどの場所に位置しており、浅草などの観光地と近いのが特徴です。新宿や渋谷へのアクセスはあまり良くなく、また必ずしも良い住環境に住めるわけではありませんが、とにかく短期間でがっつり稼ぎたいという風俗嬢が数多く働いています。

 

吉原はどの店も客足が途絶えるということがないため、1日だけの体入でもかなり確実に仕事ができるのが特徴です。ただし、1日の体入であってもソープ遊びの手練れたちの相手をしなければいけないため、観光を兼ねたバイト感覚で体入するには働きづらい場所かもしれません。

 

以上、ソープで体入ってあり?ソープ体入先のおすすめエリアやエリア別の特徴をご紹介…という話題でした!

 

ページトップへ戻る