風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

愚痴が聞ける風俗嬢は指名が上がる!?上手な愚痴聞きテクニック

この記事は4分で読めます。

愚痴が聞ける風俗嬢は指名が上がる!?上手な愚痴聞きテクニック 風俗嬢として働くからには、たくさんの指名を得て収入を上げたいと思いますよね。 人気や指名、収入を上げるためのわかりやすい方法といえば、サービスのテクニックを磨くことですが、プレイ内容ばかりに目を向けているだけでは上を目指すことはできません。 すでにたくさんのお客様から愛されている人気風俗嬢は、プレイ以外の接客術にも磨きをかけているもの。とくにお客様とのコミュニケーションはとても重要で、いかに会話を楽しみ、上手な聞き役ができるかがポイントになります。 中でもお客様の“愚痴”を上手に聞ける風俗嬢は、とくに人気が高まる傾向があります。 人気の風俗嬢を目指すため、お客様の愚痴を上手に聞くテクニックを身につけましょう。  

愚痴が上手に聞けると人気風俗嬢になれる? その理由とは?

日々の疲れやストレスを発散させるため、風俗店に通うという男性は多いもの。つまり、お客様にとって風俗嬢は癒しの存在です。風俗嬢の一生懸命なサービスやプレイ、その姿を見ることで安らぎを感じているのです。   しかし、ただサービスを頑張るだけでは、周りの風俗嬢たちと差をつけることはできません。人気を獲得するためには、お客様の愚痴を上手に聞くテクニックをマスターし、周りとは違う方法でアプローチしていくことが大切です。   自分がイライラしたことや納得できないことがあったとき、誰かに愚痴を聞いてもらうとスッキリとしますよね。つまり、愚痴を上手に聞けるということは、相手にストレス発散の効果や爽快感を与えられるということ。 これを言い換えると「愚痴聞き上手=癒しの存在」になります。 愚痴を上手に聞くテクニックをマスターして、最強の癒し系風俗嬢を目指すことが人気アップの秘訣です。  

最強の癒し系風俗嬢になる! 上手な愚痴聞きテクニック

・相槌をマスターしよう

愚痴を聞くときの基本といえるのが、相槌です。 「うんうん……」「そうなんだ!?」「それはわかるよ~」と共感を表しながら相槌をうってあげることで、相手は心を開きやすくなります。 このとき重要になるのが、自分の意見をはさまないこと。自分の意見を話してしまうと会話の主導権が移ってしまうため、相手が聞き役になってしまいます。 お客様に気持ちよく話してもらうためにも、あくまで自分は聞き役であるということを常に意識しておくことが大切です。「あなたの話に興味を持って聞いているよ」ということが伝わればOKなので、お客様が息継ぎをするタイミングで短く相槌をうちましょう。  

・言葉のオウム返しでさらに聞き上手に

お客様が放った言葉をオウム返しすることで、きちんと話を聞いていることと共感していることの2つをアピールすることができます。 お客様が「先輩のミスを押しつけられて怒られちゃったよ」と言ったら、「先輩のミスを押しつけられたの!? そんなのひどいね」と同じことを繰り返して、さらに共感の言葉をプラスします。すると、お客様は自分の味方できたと感じて、さらに気持ちよく愚痴を話すことができるようになるのです。  

・否定やアドバイスは絶対NG

愚痴と似ているものに相談がありますが、基本的にはどちらの場合も聞き役に徹していれば間違いありません。愚痴や相談を聞いているとき、会話の途中で相手から「そう思わない?」「どう思う?」と疑問形で問われることもありますが、このときも相手に合わせることが大切です。 「私はこう思う」「でも~」と相手の意見を否定するような話し方をすると、癒しどころかさらなるストレスや疲れ、悩みを与えかねません。 他人に愚痴や相談話をしているときの人の心は“ただ誰かに聞いてもらいたいだけ”という思いが中心になっています。アドバイスをしてあげようという優しさも時には大切ですが、お客様が愚痴を言っているときはとにかく黙々と聞き役に徹しましょう。   お客様の愚痴を聞くときには、とにかく言葉数を少なくして聞き役専門になることが重要になります。また、「私ならいつでも愚痴を聞くよ」「また発散しに来てね」というように、いつでも愚痴を言ってOKという状況を作り出すことも大切です。 疲れたお客様の心に癒しを与え、指名やリピーター率をアップさせましょう。   以上、愚痴が聞ける風俗嬢は指名が上がる!?上手な愚痴聞きテクニック…という話題でした!

ページトップへ戻る