風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

風俗嬢は肌荒れしやすい?肌荒れの原因や防ぐデイリーケア方法とは

この記事は4分で読めます。

風俗嬢は肌荒れしやすい?肌荒れの原因や防ぐデイリーケア方法とは 「風俗の仕事を始めてから肌荒れをするようになってしまった」このようなお悩みを持つ女性は少なくありません。

お客さんと常に近い距離にいて、顔を近づけたり裸になったりすることが多い風俗嬢。 いつも美しくあることは人気や指名を取るための秘訣と言えますが、肌荒れを起こしていては自分への自信も少なくなってしまいますよね。

一体なぜ風俗嬢の仕事をしていると肌荒れが起きやすくなってしまうのか、気になる原因とともに日常的に行うべきデイリーケア方法をご紹介します。  

 

風俗嬢が肌荒れを起こしやすい原因ってなに!?

これまでは大きな肌トラブルが無かったという女性でも、風俗嬢の仕事を始めた途端に肌荒れを起こしてしまうというケースは多いもの。

肌荒れの原因はさまざまですが、風俗嬢という職業ならではの理由を考えると、シャワーの浴び過ぎやボディソープの使い過ぎなどが原因になっていると考えられます。
これらがどのように肌荒れと関係しているのか、次に詳しく見ていきましょう。  

 

シャワーの浴び過ぎによって“肌の乾燥”が引き起こる!

接客中にはお客さんと一緒にシャワーを浴び、接客が終わるとまたシャワーを浴び、しばらくするとまた次のお客さんとシャワーを浴びて……と1日に何度もシャワーを浴びるという風俗嬢は多いはず。

汗やローションなどを洗い流し、常に清潔な状態をキープすることは風俗嬢としてとても大切なことですが、あまりに多くシャワーを浴びていると、肌にとって必要な分の皮脂までもが洗い流されて、肌はカサカサに乾燥してしまいます。

肌の乾燥はニキビやシワ、シミなどの肌トラブルを引き起こす原因になるもの。ただの乾燥だと甘く見ていると、大きな肌荒れに発展することもあるため注意が必要です。

 

ボディソープの使い過ぎも肌荒れの原因に

シャワーを浴びて体を洗うときにはボディソープを使用することがほとんどですが、毎回のようにボディソープを使うことも肌荒れの原因になります。

特に、洗浄力が強いボディソープは、肌への刺激も強いため負担も大きくなるもの。
ボディソープをナイロンタオルなどにつけ、ゴシゴシと強く擦り洗いをすると、その際の摩擦が肌を傷つけることもあります。皮脂の落とし過ぎや摩擦などにも要注意です。  

 

風俗嬢の肌荒れを防ぐためのデイリーケア方法

・シャワーの温度をぬるめに設定する

いくらシャワーが肌荒れの原因になるからと言っても、回数を減らすのは難しいですよね。

そこでおすすめなのが、使用するシャワーの温度をぬるめに設定するという方法。
人肌程度のぬるま湯を使うことで、皮脂の落とし過ぎを防ぐことができます。

 

・保湿ケアを徹底する

シャワーを浴びたりボディソープで体を洗ったあとは、必ず保湿力の高いボディクリームなどで保湿ケアを行いましょう。

シャワー後の肌は乾燥しやすいため、柔らかいタオルで肌を包み込むように水分を拭き取ったら、1秒でも早く保湿ケアに取り掛かるのがポイントです。 

 

・水分補給で体の内側からも潤いチャージを

保湿ケアに加えて、こまめに水分摂取をして体の内側から潤いを与えることも大切です。

水分不足は、便秘やむくみなどを引き起こし、肌荒れにつながることもあります。
のどが渇いたと感じる前に水を飲むことを意識してください。 

 

・洗浄力が優しいボディソープを使用する

ホテルやお店で用意されているボディソープは洗浄力が高いものが多いため、自分で洗浄力の優しいアイテムを用意するのがおすすめです。接客中にお客さんの体を洗うときには用意されたものを使用し、その後自分の体を洗うときにはセルフで用意したボディソープを使うというように使い分けをしましょう。

スタイルがモデルのように抜群で、アイドルのような可愛らしい顔立ちをしていても、肌が荒れているだけでせっかくの容姿が台無しになってしまいます。

風俗嬢としての人気をキープするためにも、今回ご紹介したデイリーケアを取り入れて、思わず触れたくなるような肌を手に入れましょう。

 

以上、風俗嬢は肌荒れしやすい?肌荒れの原因や防ぐデイリーケア方法とは…という話題でした!

 

 

ページトップへ戻る