風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

実家暮らしの風俗嬢が苦労すること&家族バレ対策術

この記事は4分で読めます。

実家暮らしの風俗嬢が苦労すること&家族バレ対策術 風俗嬢として働いている女性の中には、実家暮らしをしているという方もいるでしょう。 実家暮らしには、家賃や光熱費などの出費が抑えられるというメリットがありますが、風俗店で働いていることが家族にバレやすいというデメリットもあります。 実家に住みながらも家族に風俗のことを秘密にするためには、家族バレ対策をしっかりと行うことが大切です。 そこで今回は、実家暮らしの風俗嬢が苦労していることの例を挙げながら、家族バレ対策の方法についてご紹介いたします。  

実家暮らしの風俗嬢が苦労すること4

 

  1. アリバイ対策を確実にしなければならない

風俗嬢であることを家族に隠すためには、アリバイ対策をしっかりと行わなければなりません。その場の言い逃れ程度で軽い嘘をついてしまうと、その後に嘘がバレてしまったり、話に矛盾点が生じたりすることもあります。 家族に嘘をつくことは心苦しいものですが、仮の姿を演じ切ることが大切なのです。  

  1. お金の使い方に注意が必要

風俗の最大のメリットとも言えるのが、高収入であること。1日に数万円をゲットすることができるため、お金の使い方も派手になりがちですが、実家暮らしとなると自由気ままに買い物を楽しむこともできません。高級ブランドのバッグや靴が増え、着ている洋服やメイクが派手になれば、家族の目も厳しくなるもの。 頑張って得たお金を好きに使えないというのは、実家暮らしならではの悩みと言えるでしょう。  

  1. こっそりと家を抜け出す日もある

例外もありますが、一般的な風俗店は夜が一番の稼ぎ時。とくに、女性に人気のデリヘルは深夜営業が可能なため深夜に出勤をすることもありますが、毎日のように深夜に家を出ると家族から疑いの目を向けられてしまいます。 堂々と家を出ることができず、家族が寝静まったことを確かめてからこっそりと家を抜け出すということに疲れやストレスを感じる風俗嬢も多いようです。  

  1. 家族だけでなく友人・知人の姿を気にする

家族へのアリバイ対策が完璧でも、友人や知人、近所の住人などが風俗店に出勤するところを見ているかもしれません。繁華街での目撃情報や、風俗嬢として働いていることなどが周囲の人々から家族の耳に入る恐れもあります。このようなことを想定すると、周囲へのアリバイ対策や身バレへの徹底対策が必要になります。  

実家暮らしの風俗嬢必見! 家族バレ対策術とは?

 

・アリバイ対策がしっかりしている風俗店で働く

家族には秘密にして風俗店で働く際には、アリバイ対策をしっかりと行う必要があります。最近では、風俗嬢の家族バレや身バレ対策に協力的なお店が増えています。 電話回線を2つ用意して、家族から電話がかかってきてもお店の名前を名乗らないようにしたり、アリバイ対策用の社名を使って給料明細を作成したりと、さまざまな工夫をしてくれるのです。絶対に家族バレしたくないという方は、まずお店選びから慎重に行うことが大切です。  

・貯蓄に回してお金を使いすぎない

オシャレや美容にお金をかけたくなる気持ちもありますが、家族バレ対策を優先するのであれば派手な出費には注意が必要です。 「買い物は月に○○円まで」「洋服の購入は○着まで」とルールを決めてお財布の紐を固く閉じ、風俗で働く前と同じような金銭感覚を維持できるように心掛けましょう。 また、倹約した分のお給料はタンス預金ではなく銀行口座に振り込み、家に持ち込まないようにすることも重要です。  

・家から遠い風俗店で働く

自宅から近くアクセスの良いお店で働けるのは便利ですが、家族や周囲バレのリスクが高まります。目撃などを回避するためには、自宅から離れた場所の風俗店に勤務することがおすすめです。通勤のための手間や時間はかかってしまいますが、家族にバレてしまうかもしれないという精神的不安を軽減させることができます。 また、風俗1本ではなく副業として働いている方は、自宅だけでなく学校や職場からも遠いお店を選ぶようにしましょう。     金銭面や安全性のメリットが高い実家暮らしですが、風俗嬢であることを隠すためには、ある程度の嘘やアリバイ対策が必要になります。 安心して働くためにも、お店や勤務地などの選び方は注意していきましょう。   以上、実家暮らしの風俗嬢が苦労すること&家族バレ対策術…という話題でした!  

ページトップへ戻る