風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

○○に使っている!?気になる風俗嬢のお金の使い道とは?

この記事は4分で読めます。

気になる風俗嬢のお金の使い道とは?

風俗嬢として働くことの魅力やメリットといえば、真っ先に「高収入」であることが挙がるでしょう。

指名をたくさん取る人気風俗嬢にもなると、1日で数十万円を稼ぐことも可能です。

たくさんのお金を稼ぎ、その日のうちに手渡しでお給料を受け取ることができる風俗嬢ですが、そのお金の使い道はさまざま。

風俗嬢として働く女性たちは、一体どのようなことにお金を使っているのでしょうか。

今回は、風俗嬢のお金の使い道についてご紹介いたします。

 

風俗嬢のお金の使い道とは?

・夢や勉強のために「留学費用のための貯金」

海外ドラマや映画が流行した影響もあってか、近年では海外留学やワーキングホリデーに興味を持つ若い女性が増えました。

しかし、海外留学やワーキングホリデーに行こうとすると、まとまった費用が必要になります。そこで女性たちが目をつけるのが、風俗嬢という仕事です。

数ヵ月と短期間であっても週に5~6日程度出勤すれば、効率よく留学費用を貯めることができます。自分の夢や目標のために期限を決めて風俗嬢として働く女性は多いようです。

 

・進学費用は自分で払いたい「学費のため」

海外への留学ではありませんが、日本国内での進学のために風俗で働いて学費を稼いでいるという風俗嬢もいます。

大学生風俗嬢に多く、稼いだお金のほとんどが学費になるというケースもあるようです。

 

・ギリギリのお給料でやっていけないから「生活費の足しにする」

社会人になり、会社に就職したものの昼間の仕事を一生懸命に頑張っていても、月々のお給料が14~15万円という人も少なくありません。実家暮らしであれば生活していくことも不可能ではありませんが、一人暮らしをしている女性の場合、家賃や光熱費、食費などがまかなえないという場合もあるでしょう。

このように、昼職の少ないお給料の足しにしようと週に1~2回程度風俗嬢として働き、生活費の補填をする女性もいます。

 

・欲しいものが諦められない! 「服やバッグなどのショッピング」

風俗嬢のお金の使い道として多いのが、服やバッグなどの購入資金です。

たくさんのお金を稼ぐようになると、身にまとうものも自然と高級なものにグレードが上がっていくもの。数十万円のコートやバッグを気軽な気持ちで購入する風俗嬢は少なくないのです。

また、高級な服やバッグ以外にも、コスメやアクセサリーなど、細々したものをたくさん購入してしまい、累計すると高額になってしまうという風俗嬢もいるようです。

 

・子どもの将来のために「子どもの教育費や学費」

風俗嬢といえば10~20代の若い女性の仕事だとイメージする方も多いですが、最近では30~40代の大人世代の風俗嬢の需要が増えています。

大人の女性だからこそ醸し出せる優しげな雰囲気や、母性などを求める男性客が多いのです。そのため、主婦やシングルマザーでも風俗で働く女性が多く、30~40代になってはじめて風俗嬢に挑戦するという方もいます。

そんな彼女たちのお金の使い道は、子どもの教育費や将来の学費として貯金に回すというケースが多いようです。

 

・カードローンや奨学金など「借金の返済」

ひと口に借金といってもその種類はさまざまです。ショッピングなどで溜まってしまったカードローンや、憧れの車を購入したときのマイカーローン、学生のときの奨学金など、人によって異なりますが、借金を返済するために風俗で働いている女性は多いです。

「昼間の仕事のお給料だけでは借金返済ができないから、風俗の仕事をかけもちしている」

「たくさんの借金があって風俗嬢1本に絞って働いている」

このように、働き方も人それぞれと言えます。

 

・女性ならではの感覚かも? 「エステや美容整形などの費用」

いくつになっても、どんなときも美しくいたいと思うのは、女性ならではの心情でしょう。

特に風俗嬢として働く上では、外見の美しさが直接お給料に関係すると言っても過言ではありません。そのため、美容代に多額のお金をかける風俗嬢も多くいます。

エステや美容整形、全身脱毛、美容室、ネイルサロンなど、美しさにこだわりはじめるとたくさんのお金が必要になるのです。

 

 

風俗嬢の中には、ギャンブルやホストクラブに通うための資金としてお金を使う人もいます。もちろん自身で稼いだお金の使い道は自由ですが、できることならコツコツと貯金もしておきたいところです。

上手にお金を運用して、風俗嬢としての充実した生活を送りましょう。

 

以上、○○に使っている!?気になる風俗嬢のお金の使い道とは?…という話題でした!

ページトップへ戻る