風俗で働く女性向けの風俗コラム

風俗コラム【ヒメヨミ】

カミングアウトはすべき?風俗嬢の彼氏との付き合い方

この記事は4分で読めます。

カミングアウトはすべき?風俗嬢の彼氏との付き合い方 高収入や自由出勤など、女性にとってメリットが大きい風俗嬢の仕事ですが、一方で身バレなどの心配もあります。
特に彼氏がいる女性の場合、風俗で働いていることがバレてしまうと、ケンカや別れに発展する可能性も否めません。

違う仕事をしていると嘘をついて付き合うこともできますが、大切な彼氏に隠し事をするのは後ろめたさもありますよね。 いずれバレてしまう可能性があるのなら、早い段階で風俗嬢であることをカミングアウトするべきなのでしょうか。

それとも、嘘をつき通して付き合いを続けるほうがいいのでしょうか。
今回は、恋愛に悩める風俗嬢に向けて、上手に彼氏と付き合っていく方法をご紹介いたします。
 

 

風俗嬢であることをカミングアウトするメリット・デメリット

・彼氏へのカミングアウトで得る「メリット」

自分が風俗嬢として働いていることをカミングアウトすることのメリットといえば、やはり彼氏に嘘をつかなくてよくなるということでしょう。 たとえ彼氏ではなくとも、他人に対して隠し事や嘘をつくのは精神的に疲れてしまうもの。後ろめたさや心苦しさを感じる上に、「嘘がバレたらどうしよう」「話のつじつまは合っているかな……」と気にしながら過ごさなくてはなりません。

このような不安感は、大きなストレスにも発展します。数週間から数か月という短期間であれば多少の我慢はできるかもしれませんが、数年単位の長期間になると心の疲れも大きくなります。ふとした時に、悲しみやイライラが襲ってくるということもあるでしょう。

しかし、仕事のことをカミングアウトし、彼氏の了承を得ることができれば、嘘や隠し事などからくる後ろめたさから解放され、堂々と働くことができます。お客さんやサービス内容の話までしてしまうのは得策ではありませんが、今日の出来事などを素直に話せるのは気分が楽になるでしょう。

 

・彼氏へのカミングアウトによる「デメリット」

彼氏に仕事のカミングアウトをすることによるデメリットはいくつかありますが、とくに心配となるのが、ケンカや別れです。
多くの男性は、自分の彼女が他人に触れられたり性的な行為をしたりすることを嫌がるもの。
たとえこれまでは仲良く交際をしていたとしても、風俗嬢であることが許容されなかった場合は、嫉妬や怒りをぶつけられ、別れを切り出される可能性があるため注意しましょう。

また、別れまでには至らなくても、すぐに風俗嬢を辞めるように言われるというケースも考えられます。このような場合、付き合いを続けるのか、風俗を続けるのかを選ばなければなりません。

風俗嬢として働く女性は、何かしらの理由があるケースが多いもの。生活費のためや借金の返済のため、留学費用の調達など、お金に関する理由であることがほとんどでしょう。

風俗嬢を辞めて彼氏との付き合いを選んだ場合は、収入額が突然減ってしまうため、金銭面の心配も出てきます。
デメリットを理解した上でカミングアウトをするときには、金銭的に余裕があるタイミングを選ぶことが大切です。

 

風俗嬢であることを隠しながら付き合う方法

風俗嬢であることを隠しながら付き合うためには、確実に彼氏にバレることがないよう注意することが大切です。 お金の使い方が荒かったり、夜に会えない日が続いたりすると疑いの目を掛けられてしまいます。お財布の中には大金を入れておかないようにし、シフトを変更して昼間をメインに出勤するなど、持ち物や出勤方法にも気を配りましょう。

また、ネットなどに顔の写真を掲載している場合は、彼本人ではなくても周囲の人からバレることが考えられます。彼氏との付き合いを大切に考えている場合は、写真を変えたり顔出しを辞めたりして、顔からバレることがないように対策をとっておきましょう。

愛する彼氏への嘘や隠し事はつらいものですが、本当のことを知ったときの彼氏が得る衝撃も大きいでしょう。カミングアウトをするというときには、彼氏の反応を予想しておくことが大切です。「彼氏はきちんと受け入れてくれるのか」「嫉妬や衝撃でショックを受けないか」「今風俗嬢を辞めてと言われてすぐに辞められるか」など、自分の気持ちだけではなく、彼氏の気持ちもきちんと考えておきましょう。

とはいえ、知らぬが仏という言葉もあるように、あえてカミングアウトをしないほうが長く幸せに付き合っていける可能性が高くなります。彼氏にカミングアウトをするかしないかで悩んでいる場合には、メリットよりもデメリットのほうが多いということを重視しましょう。

以上、カミングアウトはすべき?風俗嬢の彼氏との付き合い方…という話題でした!

 

 

ページトップへ戻る